活動内容

 

北海道がんサポートセンター「La Place」の運営

2014年9月〜2016年8月まで

福祉医療機構、日本財団の助成金により運営し、事業を終了しました。

情報提供やピアサポートの拠点として、がん患者・体験者、家族、医療者、支援者などいろいろな立場の人が集う場です。がんサロン、ヨガ教室、料理教室、リンパ浮腫のセルフケア講習会など、さまざまな活動を行いました。


がんとの向き合い方に関する情報提供

がんとの向き合い方に関する情報提供をするともに、情報の探し方や情報の解釈の仕方について助言しています。

メールマガジンの発行

北海道のがんに関わる情報(イベントや募集、研修会など)を週1回配信しています。登録はこちら


がんに関する相談、ピアサポート

がん患者や家族の相談に応じるとともに、当事者の立場からの支援や専門職による支援を行っています。


がんのピアサポート活動支援

がん患者・体験者や家族が同じような体験をした人と出会い、気持ちを分かち合い、情報を交換するする場を提供するとともに、患者・医療関係者からのピアサポートに関する相談に応じています。

関連書籍 『がんサロン ピア・サポート 実践ガイド 〜広げようピア・サポートの輪』大島寿美子・木村恵美子著


がん患者・体験者や家族の心身の回復、社会復帰、生活支援

心身の回復やQOL向上、社会復帰につながる各種の活動を展開しています。

がん体験者のニーズや知恵をもとに、新しいモノやサービスの必要性を社会に発信するとともに、患者の支援につながるモノやサービスを自ら開発しています。

乳がんパッドの案内はこちら


がんの語り手養成

がん患者・体験者や家族・遺族が自分の体験を文章にまとめる方法や、人に効果的に話す方法を学び、企業や団体、学校などに派遣しています。

がんの語り手養成講座の内容はこちら


がん患者団体・支援団体との活動協力

婦人科がんのサポートグループ アスパラの会 (子宮がん、卵巣がん)

中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会 (悪性胸膜中皮腫、肺がん)

すい臓がん患者支援団体 パンキャンジャパン (膵臓がん)

ピンクダイヤ (乳がん)


がんに関する啓発・教育

さまざまな団体と協働しながら、がんに関するイベントや勉強会、講演会の開催を通じ、がんに関する情報を社会に提供するとともに、社会全体でがん対策に取り組むための働きかけを行っています。

過去の主なイベント・勉強会・講演会など

がんサポートセンターLa Place」のホームページをご確認ください。


がん患者団体・支援団体の連携促進支援

がん患者団体・支援団体の連携を促進し、病院や他の団体に活動内容を周知します。「北海道がん患者団体・支援団体等連絡協議会 オーロラリボン」(2014年4月現在14団体加盟)の事務局を担っています。

オーロラリボンの情報はこちら