オンラインサロンは20回目を迎えました【1/15 がんサロン】

1月15日にオンラインがんサロンを開催し、参加者2名とピアサポーター・スタッフ4名の合計6名がzoomで語り合いました。参加者の一人から年末に緊急入院していたという報告があり、体調に気をつけながらも神経質になりすぎない、ちょうどよいバランスの難しさに共感が集まっていました。2020年6月から開始したオンラインサロンは今回で20回目を迎えましたが、「今年こそは対面のサロンで実際に会って話がしたい」という声に一同がうなずいていました。

次回もオンラインでがんサロンを開催します。

日時:2月19日(土)

時間:13:30~14:40

対象:がん体験者(がん種を問いません)、がん体験者の家族

参加費:無料(wi-fi等の通信接続料はご自身でご負担ください)

参加方法: 

1. csh.gansalon@gmail.comにお名前(必要であればニックネーム)、メールアドレスを記入したメールをお送りください。

2. 開催日の1週間前ごろよりメールでzoomのミーティングIDとパスワードをお送りします。メールに記載されている「注意事項」と「サロンの約束」をよくお読みになり、同意の上、ご参加ください。サロンへのご参加は同意があるものとみなします。

3. 初めてzoomを使用される方は以下の準備をお願いします。

【スマホ・タブレットの場合】事前にzoomアプリのダウンロードをしてください。

【パソコンの場合】送られてきたメールのミーティング参加用URLをクリックすると自動的にzoomアプリがインストールされます。

4. 当日は時間になりましたら、zoomを立ち上げてミーティングに参加します。ニックネームを使用される方は事前に申請したニックネームでログインしてください。

=============================

がんサロン「サポートグループ・ぴあ」

研修を積んだピアサポーターや心理専門職がサポートします

『北海道でがんとともに生きる』を出版したキャンサーサポート北海道が主催するがんサロンです。ピアサポートについて理論と実践の両面から学び、研修を積んだがん体験者が案内役となり、ピアサポートの理論に基づいて「気持ちの分かち合いと振り返り」をしていきます。同じ体験をした人に出会いたい方、気持ちを語る場がほしい方・・・一緒に体験を分かち合ってみませんか?

2022年のがんサロンは2/19, 3/19, 4/16, 5/21, 6/18, 7/16, 8/20, 9/17, 10/15, 11/19, 12/17(いずれも土曜日)に開催予定です。

=============================

仕事と治療の両立について語りあう【12/18 オンラインがんサロン】

12月18日にオンラインがんサロンを開催し、参加者3名とピアサポーター・スタッフ4名の合わせて7名がzoomを通じて集まりました。今回は仕事をどうやって続けていくかという話題を中心に展開し、治療と仕事の両立をサポートする制度は整ってきているものの、職場の同僚の理解がなかなか得られなかったり、仕事のストレスが大きすぎたりと、苦戦している状況が語られていました。ある参加者から、仕事を休むときには「すみません」よりも「ありがとう」という言葉で伝えると自分もまわりも気持ちが明るくなるという体験が語られると、一同が大きくうなずく場面があり、周囲と折り合いをつけながら自分の気持ちを守っていく知恵を学ぶ回となりました。

次回もオンラインでがんサロンを開催します。

日時:1月15日(土)

時間:13:30~14:40

対象:がん体験者(がん種を問いません)、がん体験者の家族

参加費:無料(wi-fi等の通信接続料はご自身でご負担ください)

参加方法: 

1. csh.gansalon@gmail.comにお名前(必要であればニックネーム)、メールアドレスを記入したメールをお送りください。

2. 開催日の1週間前ごろよりメールでzoomのミーティングIDとパスワードをお送りします。メールに記載されている「注意事項」と「サロンの約束」をよくお読みになり、同意の上、ご参加ください。サロンへのご参加は同意があるものとみなします。

3. 初めてzoomを使用される方は以下の準備をお願いします。

【スマホ・タブレットの場合】事前にzoomアプリのダウンロードをしてください。

【パソコンの場合】送られてきたメールのミーティング参加用URLをクリックすると自動的にzoomアプリがインストールされます。

4. 当日は時間になりましたら、zoomを立ち上げてミーティングに参加します。ニックネームを使用される方は事前に申請したニックネームでログインしてください。

=============================

がんサロン「サポートグループ・ぴあ」

研修を積んだピアサポーターや心理専門職がサポートします

『北海道でがんとともに生きる』を出版したキャンサーサポート北海道が主催するがんサロンです。ピアサポートについて理論と実践の両面から学び、研修を積んだがん体験者が案内役となり、ピアサポートの理論に基づいて「気持ちの分かち合いと振り返り」をしていきます。同じ体験をした人に出会いたい方、気持ちを語る場がほしい方・・・一緒に体験を分かち合ってみませんか?

2022年のがんサロンは1/15, 2/19, 3/19, 4/16, 5/21, 6/18, 7/16, 8/20, 9/17, 10/15, 11/19, 12/17(いずれも土曜日)に開催予定です。

=============================

『がんの「語り」』を刊行 語りと語り手養成の手法、語りの意義と派遣の成果をまとめました

11月に『がんの「語り」――語り手の養成から学校・医療・企業への派遣まで』(大島寿美子、米田純子、宇佐美暢子、木村恵美子 著、本体2200円+税)を刊行しました。
amazonのリンクはこちら
2015年から始めた「がんの語り手養成事業」と調査研究の成果をまとめたものです。
がん体験者が自身の体験を人前で語るとはどういうことか――。一般的に「病いの体験」はマイナスなものと思われがちですが、その体験に向き合い、自らナラティブ(物語)としてまとめて話すことで、語り手・聞き手双方に「前に進む力」をもたらすそのエンパワメントのメカニズムに迫ると同時に、その語りをがん教育・啓発活動に活かすためのノウハウを公開した初めての本です。
自身や家族のがん体験を社会に役立てたい方、小中高や医療機関、企業研修でがん教育・啓発活動に携わる方に読んでいただけたらと思います。

手術を終えた参加者と体験を語り合う【10/16 オンラインがんサロン】

がんの体験者や家族が思いを語り合うオンラインがんサロンを10月16日に開催しました。

参加者2名とピアサポーター・スタッフ4名の合わせて6名が、zoomを通じて集まりました。

今回は9月に大手術を受けた方が笑顔で参加してくださり、みんな再会を喜びながらスタートしました。手術から現在に至るまでの話に耳を傾け、共感しながら、困りごとに対して自分の経験を振り返りながら一緒に考える回となりました。

次回もオンラインでがんサロンを開催します。

日時:11月20日(土)

時間:13:30~14:40

対象:がん体験者(がん種を問いません)、がん体験者の家族

参加費:無料(wi-fi等の通信接続料はご自身でご負担ください)

参加方法: 

1. csh.gansalon@gmail.comにお名前(必要であればニックネーム)、メールアドレスを記入したメールをお送りください。

2. 開催日の1週間前ごろよりメールでzoomのミーティングIDとパスワードをお送りします。メールに記載されている「注意事項」と「サロンの約束」をよくお読みになり、同意の上、ご参加ください。サロンへのご参加は同意があるものとみなします。

3. 初めてzoomを使用される方は以下の準備をお願いします。

【スマホ・タブレットの場合】事前にzoomアプリのダウンロードをしてください。

【パソコンの場合】送られてきたメールのミーティング参加用URLをクリックすると自動的にzoomアプリがインストールされます。

4. 当日は時間になりましたら、zoomを立ち上げてミーティングに参加します。ニックネームを使用される方は事前に申請したニックネームでログインしてください。

=============================

がんサロン「サポートグループ・ぴあ」

研修を積んだピアサポーターや心理専門職がサポートします

『北海道でがんとともに生きる』を出版したキャンサーサポート北海道が主催するがんサロンです。ピアサポートについて理論と実践の両面から学び、研修を積んだがん体験者が案内役となり、ピアサポートの理論に基づいて「気持ちの分かち合いと振り返り」をしていきます。同じ体験をした人に出会いたい方、気持ちを語る場がほしい方・・・一緒に体験を分かち合ってみませんか?

2021年度のがんサロンは11/20, 12/18, (2022年)1/15, 2/19, 3/19(いずれも土曜日)に開催予定です。

=============================