内藤さんの「語り」に感動広がる 札幌・幌南小で公開授業

がんの語り手が参加する道徳の公開授業が、12月5日、札幌市立幌南小学校の5年生のクラスで開かれました。札幌市のがん教育実践研究の一環。キャンサーサポート北海道の語り手養成講座を終え、語り手登録している内藤郁子さんが「乳がんになって」と題し、スライドをまじえ、15分間語りました。
がんについての事前アンケートでは、「死」「怖い」「辛い思いをする」などマイナスのイメージが強くあった子供たちですが、身じろぎもせず真剣に語りを聴き、内藤さんを支えた力を考え、次々発言しました。夫、両親、友達、病気と闘う人のインスタグラムなど「周りの人の力」と、生きようという強い意志、趣味のクライミングはじめ好きなことをやりたいという気持ちなど「自分の力」に気づき、内藤さんがいまを一生懸命生きている姿を理解しているようでした。
授業の最後に書いた感想文には「私ががんになったら死ぬと思ってしまうかもしれませんが、内藤さんのように、何があっても私は私という気持ちを持って、あきらめずに1日1日を大事にしたいです」「つらいのは自分だけじゃない、と考えたい」などが書かれていました。父親ががん経験者の子は「僕ががんになったらすぐしゅじゅつをしてもとのせいかつにもどって父さんのようにたっせいかんをあじわいたい」と書いてくれました。
授業後、参観した教師らの検討会では、がん教育はあくまで教師が主体で行うものという考え方が強調されました。キャンサポとしては教師の皆さんとしっかり打ち合わせをして、共通の認識を醸成したうえで、授業に臨むことが肝要だと感じました。参観した教師からは、「感銘を受けた。私の授業でも語りをとりいれてみたい」という発言もあり、心強く思いました。
語りを終えた内藤さんは「子供たちの反応を見て、胸が熱くなる場面も多く、あらためて語りは私にとって意味のあるものだと感じました」と感想を話しました。
幌南小の希望で、5年生のもう2クラスで、19日、同様な授業を行う予定です。3クラスの授業での感想文などをもとに、今後、キャンサポとしての分析、研究も考えています。(理事・宇佐美暢子)

語り手の「語り」、ネットで中継 11月30日、北海道4大学の市民公開講座

北海道の4大学(北海道大、札幌医大、旭川医大、北海道医療大)が共同で行っている市民公開講座が、11月30日(土曜日)13時30分から15時20分まで行われ、本会会員で乳がん体験者の森中かおりさん(室蘭市在住)が語りを発表します。
講座テーマは「新たながん医療の動き」で、主に医療者や研究者がゲノム治療や陽子線治療などについて話しますが、森中さんは患者の立場から「がんとともに強く生きて」と題し、14時35分から20分間話すほか、15時からの質疑応答にも参加します。
YouTubeで配信されますので、みなさん視聴できます。多くのがん体験者の方々に共感と学びの機会となることでしょう。
ぜひごらんください。

【日時】2019年11月30日(土曜日)
公開講座は13時30分~15時20分
森中さんの語り「がんとともに強く生きて」は、14時35分から20分間
その後15時からの質疑応答にも参加
【視聴方法】
以下のリンクからYouTubeにアクセスしてください。
https://www.med.hokudai.ac.jp/seminars_etc/2019/1015.html

「がんの語り手養成講座・発展編」 企業向け実践を勉強

札幌市の補助事業として、キャンサーサポート北海道が3カ年にわたり続けてきた「がんの語り手養成講座」の締めくくりとなる「発展編」は10月19日、11月9日に続いて12月7日行われます。毎月、教育、医療、企業・団体など対象ごとに「語り」を深めてきました。
養成講座は2017年1月開始以来、約100人が受講。自らのがん体験を事実と気持ちを中心にナラティブ(語り)としてまとめ、語ることで、がんとがん患者への正しい理解を広げることを目指してきました。
「発展編」では過去の講座を総括し、今後派遣が想定される学校、医療機関、企業など聞き手別に語りの内容を検討しています。
初回の10月19日は男性2人、女性6人が参加しました。冒頭には、語りを聞いた生徒・医療者の反応の分析(学会での発表)が紹介されました。感情移入することによって、病いや命、自分自身についての深い洞察がもたらされるところが語りの効果であると大島理事長から解説がありました。また、語りは自分一人で作るのではなく、関係者とともにコミュニケーションをとりながら共同作業で作り上げていくものであるということを確認しました。
語りの事例をビデオで見たあと、受講者は生徒や医療者など対象をそれぞれ決め、文章とイラストや写真による補助資料を作成していき、最後にそれぞれが本番を想定して原稿の一部を語りました。それぞれ心に響く語りが披露され、基礎編から積み上げてきた語りの完成度の高まりを一同実感しました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
「がんの語り手養成講座・発展編」の詳細は次の通りです。過去の基礎編、応用編を受講した方にもご参加いただきました。

<対象者>「がんの語り手養成講座」全受講者(基礎編のみの方も受講可)
<参加料>無料
<開講日とテーマ>(全て午前10時〜午後5時)
・11月9日(土) 医療・教育向け語りの実践勉強会
・12月7日(土) 同・企業向け語りの実践勉強会
<プログラム>
10:00 これまで実績と今後の予定、派遣先別語りの特徴と留意点
10:50 映像による語りの実践紹介(11/9)、企業向け語りのモデル紹介(12/7)
11:30 原稿作成(昼食休憩含む)
15:30 発表
17:00 終了

<会 場>市民活動プラザ星園
(札幌市中央区南8西2、札幌市営地下鉄南北線「中島公園」駅から徒歩5分)

<参加希望者・準備物>
① 以前の講座で作成した原稿、年表シート、スライド(ビジュアル資料)
② 派遣先を想定した原稿案(長さ・15分程度)とスライド(ビジュアル資料)
(注)基礎編、応用編の原稿を元に原案の作成をお願いします。(11月9日については、事前に作ってくる原稿は聞き手が医療者、生徒どちらでも可とした)
・医療者向けについては、治療の選択や医療者との関係、コミュニケーションについて書き足せるものがあれば書くことを推奨しました。
・学校用を作ってくる方は小学校5年生〜中学生を想定して作るよう案内しました。小学校なら子どもたちも理解できる言葉遣いに気を付けるとともにイラストなども工夫をしてみるとよいことを伝えました。
・企業向けについては、休業・休職や復職、仕事と治療や体調との両立、同僚や上司との関係などについて詳しく書いてみるとよいでしょう。
大切なのは「事実」と「気持ち」です。基礎編、応用編での語りを基本にできる範囲で気軽に準備してみてください。

<申し込みと問合先>キャンサーサポート北海道 media@cancersupport.jp

高度な治療と命の選択について語り合う 希少がんサロン「カンナの花」【報告】

「希少がん」とは、かかる人が年間10万人当たり6人以下という「まれ」ながんです。
希少がんの患者とその家族が思いを語り合うサロン「カンナの花」を10月19日、道立道民活動センター「かでる2.7」で開きました。
当事者3人とピアサポーター2人、ボランティア1人の合わせて6人が、近況を報告した後、それぞれの経験や思いを語り合いました。今年度から本格的に始動した日本希少がん患者会ネットワークのことやゲノム治療のことなどが話題として挙げられ、そこから高度な治療がどこまで必要なのか、患者が生活の質(QOL)と命のどちらを選択するかを迫られている現状に話題が及び、治療選択の難しさを考える会となりました。

次回(11月)のサロンはがん種を問わない「サポートグループ・ぴあ」です。事前申し込みは不要です。お気軽に会場にお越しください。

日時:11月16日(土)13:30~15:00
場所:道立道民活動センター「かでる2.7」6階和室 えぞまつ
対象者:がん患者とその家族
参加費:600円(会員は500円)
*この事業は札幌市さぽーとほっと基金助成事業の支援を受けて運営されています