★がんの緩和ケア特集で紹介 UHB「みんなのテレビ」

3月29日の北海道文化放送(UHB)の情報報道番組「みんなのテレビ」(18時14分~)で、キャンサーサポート北海道の会員・平馬さとみさんが出演する、がんの緩和ケア特集「がん患者の“幸せ”な人生の選択~緩和ケアって何?」が放送されました。

以下のリンクで動画が公開されています。キャンサーサポート北海道がまとめた「北海道でがんとともに生きる」(寿郎社)購入先や、平馬さんが4月から取り組むピアサポートも紹介されています。
https://uhb.jp/program/ganwofusego/

【語り手養成講座】5人が経験語る HBCテレビで紹介

がん当事者が自らの経験を振り返り、手記にまとめ、発表する2017年度の「がんの語り手養成講座」を21日、札幌市中央区の札幌市市民活動プラザ星園で開きました。

札幌から4人、帯広から1人の計5人の男性が参加。まず大島寿美子理事長から、手記をまとめる意義や具体的なまとめ方を聞いた後、病歴年表を作り、さらに3時間ほどかけて2500字程度の手記を書き上げました。

締めくくりに1人ずつ手記を読み上げましたが、つらかった闘病生活を振り返る部分では言葉に詰まる人もいて、聴く側ももらい泣きして感情を共にしていました。

講座の模様は同日夕方のHBCニュースで紹介されました。

『北海道でがんとともに生きる』が全国の地方紙に紹介される

『北海道でがんとともに生きる』が共同通信社の配信記事が全国の地方紙に掲載されました。2017年6〜7月前半の1カ月間に全国11紙で紹介されました(写真は愛媛新聞)。

9月初旬には北見と釧路で執筆者トークイベントを開催。がんに関する情報や医療資源の地域格差、地方の患者や家族が直面する問題を解決していくきっかけとなりました。

【掲載紙】

6月13日『日本海新聞』『大阪日日新聞』
6月14日『山陰中央日報』
6月26日『岐阜新聞』『四国新聞』
6月30日『愛媛新聞』『茨城新聞』
7月4日『秋田魁新聞』
7月7日『高知新聞』『河北新報』
7月8日『京都新聞』