FFJCP2019報告・座談会

先に速報でお知らせしましたが、1月下旬に東京で開かれた全国がん患者会の大会「FFJCP2019」に参加した高橋慶子さん、前川純子さんの報告を座談会形式でまとめました。がん治療の最新情報や各地のがん患者団体の活動などが紹介されています。下記からご覧ください。なお、「読むことができない、読みにくい」という方がおられたら、テキスト版を用意していますので、広報担当(media@cancersupport.jp)までご連絡ください。
https://drive.google.com/file/d/1h1jt5OkmsXKYBXOkrNEBlZhEsWac1paz/view?usp=sharing

【FFJCP2019】全国の仲間と交流 高橋さん、前川さんが参加

全国各地のがん患者会の交流の場「がん患者会会議」(Forum for Japan Cancer Patients:
FFJCP)に今年もキャンサーサポート北海道から会員2人が参加してきました。
一般社団法人 中外Oncology学術振興会議が2015年から東京で続けているもので、「お互いの活動を知り、活動の中で直面している問題を討議・理解・共有する」(同会議ホームページより)のが目的です。
今年は1月26、27の両日、東京・千代田区の秋葉原UDXで「患者からみた『がんゲノム医療』を考える」をテーマに開かれました。
キャンサーサポート北海道から参加した高橋慶子さん、前川純子さんにレポートを寄せてもらいました。
「キャンサーサポート北海道はBグループの一番目として、目指すミッションや1年間の変化も含め発表しました。首に巻いたオレンジ色のバンダナの意味(シンボルカラー)やしずくパッドへの質問もあり、熱心に聴いていただきました。阪神・淡路大震災や福島を中心とした東日本大震災、熊本地震などのの災害対応報告を受けたワークショップ『患者会としての災害への備えと災害時の対応』では胆振東部地震の経験を参加者に伝え、自らも考える機会となりました。」(髙橋さん)
「多くの学びと発見を得た熱い2日間でした。全国からの参加者によるポスター発表では、各団体のがん患者と家族への支援活動が紹介されました。その熱意と使命感、前向きなエネルギーと行動力に目が覚める思いでした。識者による講演では、最新の知識を得ることができて学びの喜びも感じました。貴重な体験が出来ましたことに感謝し、ご一緒した高橋さん、準備からご尽力下さったCSH事務局の皆様に厚く御礼申し上げます。」(前川さん)

<マチなか×NPO>「クリスマスちょこっと市 知ってる?市民活動」に出展

札幌に拠点を置く非営利活動法人(NPO)が集まり、日ごろの活動を市民にアピールする
<マチなか×NPO>(12/5-12/7、札幌駅前通地下歩行空間=チカホ)に、キャンサーサポート北海道(キャンサポ)も参加しました。
キャンサポが事務所を置く札幌市市民活動サポートセンターの主催で60団体が出展。今回はクリスマスちょこっと市 知ってる?市民活動」がテーマでした。
キャンサポは、5日のステージ発表とブース出展に参加。ステージ発表はトップバッターとあって登壇した5人の会員も緊張気味でしたが、「しずくパッド」を中心に「がんの語り手養成講座」「がんサロン、ピアサポート研修」などの活動を動画も交えて持ち時間20分をフルに使って紹介することができました。ブース出展では、シンボルカラーであるオレンジ色のバンダナを着けた会員が、しずくパッドや「北海道でがんとともに生きる」を展示・販売しました。午後1時から6時の開場時間中にブースを訪れた人は約30人、しずくパッドについて尋ねる中高年の女性が大半を占め、中には「ボランティアをしたい」と入会を申し出る人もいて、上々の反応でした。

前向きなコミュニケーションの方法学ぶ 三金会(11月16日)

キャンサーサポート北海道の月例会「三金会」は16日、札幌市エルプラザで開かれました。
午前の会員ミーティングからランチ会を経て夜間は勉強の場「三金夜会」があり、大島理事長(北星学園大文学部心理・応用コミュニケーション学科教授)が「人との関わりが楽になるコミュニケーションの方法」と題して話をしました。
コミュニケーションの一般的な傾向の解説から「感情」の果たす役割、ともするとわいてくる「負の感情」の例などを紹介し、「よりよいコミュニケーションのためには『異なるもの、わからないもの』に好奇心を持つことが大切です。私たちは人の気持ちを悪く読み取ったり、未来に悪いことが起きるのではないかと勝手に想像して不安になってしまいますが、「いま、ここ」にとどまることで不安を緩和することができます。「いま、ここ」に意識を向けて、現実に起きていることや自分の気持ちに気づき、自分と人をともに大切にしましょう」と話しました(写真)。
会の後半ではワークショップとして、参加者が車座になり、隣同士で一方がその場での気持ちを語り、もう一方がその話の核心を解釈せずに伝え返す「アクティブリスニング」、グループで気持ちをわかちあう「機能的サブグループ形成」の練習も行いました。
参加した会員は「普段きちんと話したことのなかった人の意外な一面を知った」などと感想を語り合っていました。
この日のお話の背景には、システム・センタード・アプローチやマインドフルネスなどの学術的な理論があります。キャンサーサポート北海道では、これらの理論に基づき、ピアサポート研修やがんの語り手養成事業、がんサロン、しずくパッドなどの事業を行っています。