『北海道でがんとともに生きる』が全国の地方紙に紹介される

『北海道でがんとともに生きる』が共同通信社の配信記事が全国の地方紙に掲載されました。2017年6〜7月前半の1カ月間に全国11紙で紹介されました(写真は愛媛新聞)。

9月初旬には北見と釧路で執筆者トークイベントを開催。がんに関する情報や医療資源の地域格差、地方の患者や家族が直面する問題を解決していくきっかけとなりました。

【掲載紙】

6月13日『日本海新聞』『大阪日日新聞』
6月14日『山陰中央日報』
6月26日『岐阜新聞』『四国新聞』
6月30日『愛媛新聞』『茨城新聞』
7月4日『秋田魁新聞』
7月7日『高知新聞』『河北新報』
7月8日『京都新聞』

『北海道でがんとともに生きる』執筆者が北大で体験語る

『北海道でがんとともに生きる』執筆者の1人、時田悦子さんが2017年6月29日、北海道大学の授業で体験を語りました。

授業は北大の「がん・生命科学から社会科学へ」という科目で大島寿美子先生の担当している「がんのサバイバーシップ」。理系から文系まで100人ほどの学生が受講しました。

授業では日本や北海道のがんの罹患や死亡の現状、サバイバーシップとは何かなどについての大島先生の講義の後、時田さんが自分の体験記を朗読しました。終わった後、学生からは、診断されたときの気持ち、つらかったことは何か、家族との関わり、がんと向き合う人にかけるべき言葉などについて幅広い質問が出され、時田さんがひとつひとつ丁寧に答えていました。

多くの学生が感銘を受けたようです。感想シートに書かれたコメントの一部を紹介します。

「人のがんを治療するというのは、決して物理的に「がんをなくす」ということではないということを改めて感じました。(中略)体験者の話を聞けたのはすごく良かったです。がんについての話を聞くだけでは感じられないものを感じることができました」

「実際にがん患者さんの語りを聞くことによって、広い視野でがんと向き合うことができるようになると思った」

「いままで講義でがんの治療法の発展が著しいと聞いていましたが、それだけではダメなんだとわかりました。治療を受ける側のことを本当に考えなければならないんだと強く感じました」

「今日の講義で学んだことは、がんは身体的治療だけではなく、精神的治療が非常に重要であるということです」

キャンサーサポート北海道では、がん体験記をまとめる「がんの語り手養成講座」をこれからも開催していきます。


運営ボランティア、専門家ボランティア(プロボノ)を募集しています

NPOで活動してみたい方、学びたい・成長したいと考えている方、教育研修や心理に興味をお持ちの方、得意な分野で私たちと一緒にがんになっても安心して暮らせる社会を作る活動をしていきませんか。

気軽にできる発送ボランティアからやビジネススキルを生かす専門家ボランティア(プロボノ)までさまざまなボランティアを募集しています。お気軽にご連絡ください。

▼必要なボランティアはこんなにあります

1)乳がんパッドの発送ボランティア(毎週水曜日午前)
2) 販売サイトの管理(毎週水曜日午前10時〜午後2時)
3)乳がんパッドや書籍『北海道でがんとともに生きる』(寿郎社)の広報活動
4)販売サイトやカタログ翻訳(英語・中国語)・英文メール対応
5)チラシやパンフレットなど印刷物のデザイン(グラフィック、イラスト、レイアウト等)
6)ファンドレイジングなど寄付促進、募金活動の企画
7)研修・イベント企画立案と手伝い(研修プログラム整備、会場確保、受付等)
8)法人PR映像の編集
9) データ入力や書類整理、ラベル印刷など簡単な事務作業
10)ホームページやFacebookページの更新、ニュースレターの作成
11)システム整備/維持管理 (Google adgrants, G suite(旧google apps), salesforce, vimeo, moodle等に詳しい方歓迎)
12)各種マニュアル作成
13)法務・労務・税務全般(各種申請報告・書類作成提出)

(注)ボランティア参加者には、自分を理解し、人と共感的な関係を作る方法を学ぶシステムセンタードアプローチなどのコミュニケーション技法について学ぶ特別研修を格安の受講料で提供しています。

【活動場所】
▼北星学園大学大島研究室  札幌市厚別区大谷地西2-3-1(地下鉄東西線大谷地駅徒歩5分)
▼札幌市市民活動サポートセンター内事務ブースNo.7  札幌市北区北8西3(JR札幌駅徒歩3分)

※規定を満たした場合に交通費を補助します。
※団体の活動会員として登録をお願いしています(年会費3000円)。

問い合わせ・応募

問い合わせ、応募は info@cancersupport.jp まで。

 

クラウドファンディングが目標達成!

多くの方々の応援をいただき、クラウドファンディングが目標を達成しました!ありがとうございます。今日も応援してくださった方があり、応援者は全部で50名になりました。

募集は[1月31日午前中]で終了しますが、あと1日半、明日の夜まで支援が可能ですので、最後の応援よろしくお願いします。リターンには、出版記念パーティへのご招待もあります。ぜひ一緒に喜びをわかちあいましょう。

↓クラウドファンディングの応援はこちら
http://actnow.jp/project/gan_taikenki/detail

今日は読売新聞の取材がありました。2月にはNHKの取材を受けることになっています。

一緒に本の出版を実現し、患者の声を社会に届けましょう!