書籍『がんの「語り」』が道新の書評で紹介されました

今日12月19日(日)の道新「ほん欄」で、11月に上梓した『がんの「語り」』が紹介されました。

学校の授業や医療従事者の研修会での成果についても触れてくれています。

「病気への理解や経験者たちに対する思いやりが広がった先には、だれもが暮らしやすい社会がある、という信念に裏打ちされた本」と評価していただきました。

北海道新聞社許諾D2112-2206-00024477

12/19 NHKのがんフォーラムに本法人理事長が出演(NHK総合で午後1時5分から)

11月始めにNHKがオンラインで開催したがんフォーラムに本法人理事長がパネリストで出演したのですが、12月19日にダイジェスト版がテレビ放映されます。語り手養成と派遣の実績をもとにしたナラティブについて語っています。テレビ放映は北海道のみですが、NHKプラスでは1月2日まで視聴できます。

『がんの「語り」』を刊行 語りと語り手養成の手法、語りの意義と派遣の成果をまとめました

11月に『がんの「語り」――語り手の養成から学校・医療・企業への派遣まで』(大島寿美子、米田純子、宇佐美暢子、木村恵美子 著、本体2200円+税)を刊行しました。
amazonのリンクはこちら
2015年から始めた「がんの語り手養成事業」と調査研究の成果をまとめたものです。
がん体験者が自身の体験を人前で語るとはどういうことか――。一般的に「病いの体験」はマイナスなものと思われがちですが、その体験に向き合い、自らナラティブ(物語)としてまとめて話すことで、語り手・聞き手双方に「前に進む力」をもたらすそのエンパワメントのメカニズムに迫ると同時に、その語りをがん教育・啓発活動に活かすためのノウハウを公開した初めての本です。
自身や家族のがん体験を社会に役立てたい方、小中高や医療機関、企業研修でがん教育・啓発活動に携わる方に読んでいただけたらと思います。

がんのグループ療法の研究結果が論文になりました

本会理事が中心になって実施したがん体験者を対象にしたグループ心理療法の研究結果が日本心理学会の英文誌に掲載されました。概要は以下の通りです。


がんのサポートグループなどでは、がんの罹患体験、日常生活の苦労など、心理療法では「その時、そこで/there and then」と言われる体験を語るのが一般的です。それに対しSCTの手法は「今、ここで/here and now」の体験を語ります。今回、研究に協力してくださった7名のがん体験者の方は、この、SCTの手法にそって全10回(1回、約45分)語りあいました。その結果、「なぜそうなったかわからないけどお互いにつながっている感じ」や「暖かい感じ」を体験し、通常のがん体験を語るグループでの話し方では無かったにもかかわらず、共感が生まれていたことがわかりました。「病気(がん)の話をしないことに最初は戸惑ったけど、重くならなくてよかった」という感想もありました。この論文ではSCTの「here and now」の語りが行われるプロセスと、その効果を検証しています

論文を読むには以下をクリックしてください。

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jpr.12343