「自分の病気、どう伝える?」をテーマに話し合う 希少がんサロン「カンナの花」

「希少がん」とは、かかる人が年間10万人当たり6人以下という「まれ」ながんです。
希少がんの患者とその家族が思いを語り合うサロン「カンナの花」を2月15日、道立道民活動センター「かでる2.7」で開きました。
当事者3人と家族2人、ピアサポーター2人の合わせて7人が、自己紹介した後、それぞれの経験や思いを語り合いました。今回はがん治療中であることを友人や職場の同僚にどう話すか、就職活動の際にはどう伝えるかということが話題となり、苦慮しながら状況に対応していた体験が語られていました。

次回(3月)のサロンはがん種を問わない「サポートグループ・ぴあ」です。事前申し込みは不要です。お気軽に会場にお越しください。

日時:3月14日(土)13:30~15:00
場所:道立道民活動センター「かでる2.7」6階和室 えぞまつ
対象者:がん患者とその家族
参加費:600円(会員は500円)

患者会が持つ力を実感! がんサロン「サポートグループ・ぴあ」

がん患者とその家族が自分の体験や思いを語り合うサロン「サポートグループ・ぴあ」を1月25日、道立道民活動センター「かでる2.7」で開きました。
当事者1人とピアサポーター3人、心理専門職スタッフ1人の合わせて5人が、近況を報告した後、それぞれの経験や思いを語り合いました。今回は中皮腫の経験者が参加され、患者会が治療の場の選択や労災認定などさまざまな場面で力になっていること、患者会の仲間の言葉に励まされてがんばってこれたことなどが語られていました。患者会が情報交換だけではなく心の支えにもなっているという、生きたピアサポートを実感する会となりました。

次回(2月)の希少がんサロン「カンナの花」です。事前申し込みは不要です。お気軽に会場にお越しください。

日時:2月15日(土)13:30~15:00
場所:道立道民活動センター「かでる2.7」6階和室 えぞまつ
対象者:希少がん(肉腫・メラノーマなど)の患者とその家族
参加費:600円(会員は500円)