治療や生活の情報選択について語り合う 希少がんサロン「カンナの花」

「希少がん」とは、かかる人が年間10万人当たり6人以下という「まれ」ながんです。
希少がんの患者とその家族が思いを語り合うサロン「カンナの花」を12月21日、道立道民活動センター「かでる2.7」で開きました。
当事者2人とピアサポーター3人、ボランティア(心理専門職)1人の合わせて6人が、近況を報告した後、それぞれの経験や思いを語り合いました。今回は治療法や代替医療、メンタル面のサポートなど多くの情報があふれる中、何を選択していけばいいのか、どこに相談すればいいのかということが話題になりました。参加者どうしで情報交換する中で、顔を合わせて話すことが情報への信頼感や安心感につながるという気づきがありました。

次回(1月)のサロンはがん種を問わない「サポートグループ・ぴあ」です。事前申し込みは不要です。お気軽に会場にお越しください。

日時:1月25日(土)13:30~15:00
場所:道立道民活動センター「かでる2.7」6階和室 えぞまつ
対象者:がん患者とその家族
参加費:600円(会員は500円)

【お知らせ】市民公開講座の「語り」をネット公開

北海道の4大学(北海道大、札幌医大、旭川医大、北海道医療大)が共同で行っている市民公開講座が、11月30日、北大病院で開かれ、本会会員で乳がん体験者の森中かおりさんが語りを発表しました。講座テーマは「新たながん医療の動き」で、森中さんは患者の立場から「がんとともに強く生きて」と題して語りました。当日はYouTubeでライブ配信され、中標津町の会場と結び、質問を受けるなどしました。
この市民公開講座が、ネットで公開されています。森中さんの語りは後半(開始後1時間39分~同54分)となります。下記からご覧ください。
なお、公開は2020年3月31日までとなっています。