「語り」で思い伝える がん教育教職員セミナー

札幌市内の小中学校などの先生たちを対象とした「がん教育教職員セミナー」(札幌市主催)が7月26日、札幌市内で開かれ、キャンサーサポート北海道(キャンサポ)で語り手として活動している田中奏実さん(29歳)が「18歳でがんになって」と題し、語りを行いました。2019年1月に新琴似北小の5年生の「道徳」の授業で「生命の大切さ」をテーマに行ったものと同じ内容で、キャンサポの小学校での語りのモデルとして提示しました。

18歳で悪性胸膜中皮腫と診断され、手術、抗がん剤、放射線治療を受け、その後、さまざまな困難に出合いながらがんサロンやキャンサーサポート北海道、中皮腫・アスベスト患者家族の会との出会いを通じて、仕事をしながら元気に生きている様子を約20分にわたりスライドをまじえて伝えました。
同席したキャンサポ理事から「語りを聴いた子供たちの感想文から、しっかり受け止めてくれたことが分かり、がん患者の語りががん教育に果たす役割は少なくないと感じた」と伝えました。
会場からは「こうした語りをもっと多くの学校で実践してほしい」「高校での語りをお願いしたいがどうか」といった意見や質問が出ていました。

 

<ご案内>「がんの語り手養成講座・応用編」と「発展編」受講について

札幌市の補助事業として、当法人が3カ年にわたり続けてきた「がんの語り手養成講座」は次回・9月28日の応用編で一区切りとなります。この間、90名以上の方に養成講座に参加していただきました。また、学校や市民公開講座、医療者向け研修での語りを修了生とともに行いました。語りが聞き手に与える効果について分析し、成果を学会で発表したところ、高い評価をいただきました。

さて、札幌市の補助事業以前に当法人の旧カリキュラムで語り手講座を受講された方もおられると思いますが、皆さまを【基礎編受講済み】とさせていただくことに致しました。応用編を修了した上で登録すれば語り手としての活動にご参加いただけます(登録は単年度ごと)。この機会に、下記ご参照の上応用編の受講をお申し込みください。
https://cancersupport.jp/ganpa/schedule.php

秋からは「発展編」として、聞き手別の語りの内容を検討する「勉強会」を次の日程と内容で行います(時間は全て午前10時〜午後5時、会場はいずれも市民活動プラザ星園=札幌市中央区南8西2)。

10月19日  語り手派遣説明会と小中学生向けの語りの実践勉強会
11月9日  医療者向け語りの実践勉強会
12月7日  企業向け語りの実践勉強会

札幌市の補助事業以前に当法人の旧カリキュラムで語り手講座を受講された方も参加可能です(無料)。お気軽にお申し込みください。

一緒に語りのよさを社会に広げていきましょう。

上記受講等のお申し込み、お問い合わせは media@cancersupport.jp までどうぞ。