会員の藤井さんが企業の社員向け講演会で「語り」を披露

2021年10月27日、キャンサーサポート北海道の「がんの語り手」の藤井啓道さんが、アクサ生命保険札幌FA支社の社内研修に講師として招かれました。藤井さんは札幌市内で社会保険労務士、行政書士として事務所を構えています。開業から間もなく大腸がんの手術を受け、その7年後には耳下腺がんも見つかりました。耳下腺がんの治療では、納得のいく医療を求めて東京の病院を探し、現在も後遺症の治療のため定期的に東京に通っています。

こうした体験を「人生の3分の1をがんと向き合って」と題して語りました。20分あまりの時間で、闘病中のさまざまな段階での肉体的な苦痛や精神面の不安や恐怖、葛藤などを伝えました。また、加入していた複数の保険に大いに助けられたものの「がん治療にはお金がかかる」ことを痛感。費用をまかなえず治療を中断する人も見てきて、患者さんを経済面で支援できないかと考えるようになったいきさつを語りました。現在は事務所の仕事として、がん患者が障害年金を受給するための相談、申請代行などに力を入れているそうです。

研修に参加したのは約50人。時節柄、半数はオンラインでのリモート視聴になりました。日頃は保険商品を販売する営業担当のかたが中心とのことです。担当の方は今回の狙いを「20、30代の若手は、がん闘病といってもなかなかイメージできない。健康に働いているごく普通の人ががんになったらどんなことが起きるのか、想像してもらいたかった」と話していました。研修後のアンケートでは「実際に体験された人の話を聞くのは初めてで衝撃的だった」「あらためて『お金と保険』の大切さを実感した」「今後、お客様が困った時に相談させていただきたい」などの感想が寄せられていました。

キャンサポとしても、こうした企業内研修に招かれるのは初めてのことです。私たちにとってもとても貴重な体験になりました。

写真:企業で語る藤井さん

会員の横田さんが釧路の医療者にオンラインを通じて語りを披露

キャンサーサポート北海道会員で語り手登録者の横田文恵さん(札幌)が、2021年10月23日、釧路市内の医療者に対し「乳がんとともに」と題して語りました。

市立釧路総合病院と釧路労災病院共同主催の緩和ケア研修会の一環。26歳から32歳の研修医18人が参加、ZOOMで横田さんの語りを聴きました。

札幌市内の会場から、スクリーンにスライドを映し、そばに立って語る横田さんの様子をカメラを通じて釧路に届けました。

36歳の時から15年間で3回の乳がんを体験した横田さんは、手術や治療をしながら、娘さんを育て、家族を大切にしながら、会社員としての仕事も続けてきました。その時々の体験と気持ちを15分にわたって語りました。

質疑応答では、「なぜ語りたいと思ったのか」の質問に対し、横田さんは「今、生かされているのは意味がある。語ることで役立つことがあるかもしれないと思った。サポーターさんとともに語りを作る作業で、体験と気持ちを整理できてよかった」と話しました。

会場からは「職場で使えないやつだ、と思われたくないから、痛みをこらえて仕事をこなした、という話が印象的だった。私たち医師は『ゆっくり休んで』と言いたいが、働きがいなど患者さんそれぞれに生活があるので、気持ちをくみとりたい。痛み止めを適切に出すなどサポートしたい」「たくさんの患者さんを前に、つい、流れ作業的になりがち。患者さんの思いを忘れないようにしたい」などの感想が出されました。

写真:講演前の横田さん(右)と、理事の木村(左)

<精巣がんの体験、中学生に語る>

 キャンサーサポート北海道の会員で語り手登録者の和賀豊さんが、2021年1月27日、札幌市立手稲中学校1年生の「道徳」の授業に参加。32人の生徒を前に36歳でがんになって」と題し、3年前の精巣がん体験を15分にわたって語りました。札幌市がん教育実践研究会の一環。
 和賀さんは、診断から手術までわずか3日、その後の抗がん治療と副作用を乗り越えて3か月後、職場復帰を果たしたものの、なかなか思うように仕事ができず悩んだ経緯などを語りました。その間、妻や子供たち家族に支えられたことや、
同じ精巣がん患者の話を直接聴いたり、ブログで励まされ、語り手となって思いを伝えようと決意したことも語りました。遺伝する確率が高い精巣がんについて、現在中学2年生の長男に、率直に伝え、語り合っていることも明かしました。
 授業の主題は「いのちを考える~身近な人ががんになったら」。生徒たちは、自分や家族ががんになったら、と考えながら聴いていました。担当の福富淳平教諭は、①患者さんの気持ち②情報と付き合う家族の気持ち,の3つの視点から語りを聴くように事前に指示しました。この視点は、国立がん研究センターのがん情報サービスの冊子「社会とがん」を参考にしたそうです。 
 語りを聴いた生徒たちは「一番辛かったことは?」「自分ががんになると思っていたか」「病気と向き合うとき、一番大切なことは何か」「一番参考になった情報は?」など次々に質問していました。
 授業の最後に書いた感想文には次のような文章がありました。「がんは本人だけではなく、家族にとっても辛いとよくわかった。その家族が支えだということもわかった」「あらためて命の大切さを感じた。家族や自分ががんになったら、きょうの話を思い出してみる」「もし、お父さんががんになったら、と考えた。その時はできる限りサポートできたらいいと思った」「命があることはとてもすごいことだと思った。1日1日をもっと大切にしたい」「がんにかかった人たちが安心して暮らせる世の中になってほしい」
 授業後、和賀さんは「あらためて自分の気持ちと向き合うことができ、新たな発見もあった。語りの力を実感した。生徒に感謝している」と話していました
 2022年度から、札幌市内の小中高校では、外部講師が参加する保健体育や道徳のがん教育授業が、本格的に行われる見通しです。

語り手の「語り」、ネットで中継 11月30日、北海道4大学の市民公開講座

北海道の4大学(北海道大、札幌医大、旭川医大、北海道医療大)が共同で行っている市民公開講座が、11月30日(土曜日)13時30分から15時20分まで行われ、本会会員で乳がん体験者の森中かおりさん(室蘭市在住)が語りを発表します。
講座テーマは「新たながん医療の動き」で、主に医療者や研究者がゲノム治療や陽子線治療などについて話しますが、森中さんは患者の立場から「がんとともに強く生きて」と題し、14時35分から20分間話すほか、15時からの質疑応答にも参加します。
YouTubeで配信されますので、みなさん視聴できます。多くのがん体験者の方々に共感と学びの機会となることでしょう。
ぜひごらんください。

【日時】2019年11月30日(土曜日)
公開講座は13時30分~15時20分
森中さんの語り「がんとともに強く生きて」は、14時35分から20分間
その後15時からの質疑応答にも参加
【視聴方法】
以下のリンクからYouTubeにアクセスしてください。
https://www.med.hokudai.ac.jp/seminars_etc/2019/1015.html