がんの語り手 養成講座

あなたの体験が地域のために役立ちます

自分の体験をまとめ、伝えることで社会に貢献しませんか?
がんに関する正しい理解を広げ、がん対策やがんになっても希望を持てる地域社会を作ること、自らの体験を伝える方法を学び、地域のために役立てたい方のための講座を開催します。

「がんの語り手」養成講座とは…

キャンサーサポート北海道では、がん体験者や家族にとっての心の癒やしや成長、社会貢献のきっかけとなる「がんの語り手養成講座」を2015年1月から続けています。
講座はその後、内容を再構成し基礎編(2017年度~)、応用編(2018年度~)、発展編(2019年度~)の三段階に分け、「整理する」「書く」「まとめて発表する」、基礎から応用まで順に学ぶことができます。

2人に1人ががんになる時代となりました。がんについての正しい理解を広げ、がんになっても希望を持てる社会をつくるために、体験した「あなた」だからこそできることがあります。その第一歩を踏み出してみませんか。

受講者談1
「自分の体験をまとめることで、心の整理ができました」
受講者談2
「他の人に話をすることで、体験が誰かの役に立つことがわかりました」
受講者談3
「受講生の様々な体験の語りが私自身のこれからの生き方に参考となり、感動もたくさんしました」
講座写真1 講座写真2 講座写真3

講師紹介

大島寿美子

大島 寿美子(おおしま すみこ)

キャンサーサポート北海道理事長、北星学園大学教授

語ることは勇気がいりますが、その勇気が自分や周りの人に勇気をもたらします。毎回、講座の最後は感動に包まれます。講座をきっかけに新たな一歩を踏み出してみませんか。

先川尚美

先川 尚美(さきかわ なおみ)

話し方講師 元HTBアナウンサー

ご自身の思いを、聴く人のもとに届けるお手伝いをさせていただきます。しっかり声を出して話し方を工夫することで、皆さんのお話がより一層、聴く方の心に響くものになると思います。

宇佐美 暢子(うさみ のぶこ)

キャンサーサポート北海道理事、元新聞記者の子宮体がん患者

受講のみなさんが「語る言葉」を綴るお手伝いをしていると自らの経験を思い出し、前向きになれます。患者・家族・医療従事者・支援者が手を携えて、がんとともに生きていく社会を作ることがとても大切です。ぜひ、あなたも参加を。

米田 純子(よねた じゅんこ)

キャンサーサポート北海道会員 元北海道新聞記者

同じ治療、経過をたどっても体験者の受け止め方は本当に多様です。こんな当たり前のことに、あらためて気づかされる講座です。大切なご自分だけの体験を思い起こす作業の中で、新たな発見があるかもしれません。そのお手伝いをさせてください。

鈴木 隆司(すずき たかし)

キャンサーサポート北海道理事・事務局長、情報ボランティア/市民記者

新聞社に40年間勤めて「言葉」は身近な存在でした。でも、思い通りに表現できたことは一度もありません。それだけ難しいことではありますが、伝えたいことがある限り、言葉は私たちの心強い味方です。悩む人に思いを伝えるため、精一杯の表現を目指しましょう。

修了証

修了者には「がんの語り手養成講座 基礎編」の受講修了証が発行されます

修了者には「がんの語り手養成講座 基礎編」の受講修了証が発行されます(語り手としての資格を認定するものではありません)。

修了者は応用編を受講できます。応用編修了者の中から適切に経験を伝えられると判断された方を企業などの依頼に応じて研修生として派遣します(派遣の機会を保証するものではありません)。

開催日程や会場、受講料、申し込み方法など

札幌市がん経験者派遣体制構築事業とは

適切に経験を伝えられるがん体験者(家族を含む)を養成し、教育機関・市民・企業などに派遣できる体制を作り、がん教育の推進やがん対策を促進させることを目指して2017年度後半〜2019年度まで実施(予定)される事業です。

特定非営利活動法人 キャンサーサポート北海道

キャンサーサポート北海道は、北海道でがんに関する支援や啓発、教育や研究を広く行う特定非営利活動法人です。「情報がほしい」「同じ体験をした人と話がしたい」「がん体験を生かしたい」「がんに関わるさまざまな立場の人々が集う場がほしい」。キャンサーサポート北海道では、そんな願いを実現するため多彩な活動をしています。詳しくはキャンサーサポート北海道のホームページをご覧ください。