『北海道でがんとともに生きる』トークの会in旭川を開催

がん当事者28人がそれぞれの思いをつづった『北海道でがんとともに生きる』(寿郎社)にちなんだ「トークの会」を2018年6月22日、旭川市市民活動交流センターCOCODEで開きました。
昨年の札幌、釧路、北見に続いて4回目で、今年は北海道がん対策基金の助成事業となりました。井上美智代さん、高橋慶子さん、田中奏実さんのほかスタッフとして田村ひとみさんと鈴木が参加しました。
今回は病体験について深く考えることを目指す団体「CANnet」さんが「社会的孤立を考える」と題した勉強会を隣接会場で開くことが開催直前に分かったことから、双方の担当者が協議してプログラムの前半はキャンサーサポート北海道、後半は「CANnet」さんが担当するという「コラボ」開催となりました。
前半は鈴木が出版のあらましを説明した後、井上さん、田中さん、高橋さんの順で『北海道でがんとともに生きる』の執筆部分を朗読。当事者の熱い思いとともに、生きることの大切さ、ありがたさを伝える内容に、集まった約20人の参加者はじっと聞き入っていました。
▼当日の記録動画(Facebookライブ動画配信)
https://goo.gl/XGa3Fw

後半では、朗読した3人と田村さんにCANnet代表理事の杉山詢子さんがインタビュー。「発病して孤独を感じた瞬間は」など、朗読をより深める視点から話を引き出してくれました=写真=。


「トークの会」は今後、8月25日に室蘭、10月(日時未定)に函館で開くことにしています。
(事務局長 鈴木隆司)