★【お知らせ】2018年度「がんの語り手養成講座」受講者募集開始!

「がんの語り手養成講座」の2018年度受講者を募集します。
この講座は、自らのがん体験を文章にまとめ、学校や企業・地域団体などでの「語り手」を目指すもので、札幌市がん経験者派遣体制構築事業(2017年度~19年度)の補助事業として今年1月から始まりました。過去3回の講座で計23人が受講、語り手としての一歩を踏み出しました。
事業2年目となる4月からの新年度では、これまでの「基礎編」(毎回完結・6回)に加えて、より内容を深めた「応用編」(同・2回)を開設します。詳しくは下記をご覧ください。

▼日程:
<基礎編>
4月28日、6月30日、8月25日、10月27日、12月22日、2月23日
<応用編>
5月26日、11月24日
(いずれも土曜日、開催時間帯は10:00~17:00)

▼会場:「市民活動プラザ星園」会議室(小)/特別会議室 札幌市中央区南8条西2丁目5-74
▼対象:がん患者・体験者、家族(遺族)。応用編は基礎編受講者のみ受講可。
▼受講料:3,000円(税込)
▼内容(予定):
<基礎編>体験を書く・語ることの意味、年表と体験の整理、語り手の体験談、 体験のまとめ方と執筆、発表とまとめ
<応用編>発表資料の作り方、効果的な発表の仕方、発表・実践
▼講師:大島寿美子(キャンサーサポート北海道理事長、北星学園大学教授)、宇佐美暢子(キャンサーサポート北海道理事、元北海道新聞記者)、鈴木隆司(キャンサーサポート北海道理事、元北海道新聞記者)、「北海道でがんとともに生きる」執筆者、がんの語り手
▼定員:各日6人(先着順)
▼申し込み:下記リンクからどうぞ。(開催日の1週間前で締め切ります)
https://cancersupport.jp/form-katarite

(注)ファクスでも受け付けます。下記を明記して011-351-5466へ。
①住所(郵便番号とも) ②氏名(ふりがなとも) ③電話・ファクス ④メールアドレス ⑤受講希望日 ⑥立場(がんの種類、患者か家族かなど) ⑦受講動機(簡単に)​