札幌市立新琴似北小学校で「がん教育」を実施

がんの語り手養成事業のひとつとして1月29日、札幌市北区の新琴似北小学校でがん体験者が体験を語り、子どもたちと交流しました。
キャンサーサポート北海道(キャンサポ)では、2015年からがんの語り手を養成しています。この日の語りは、2017年度から始まった『札幌市がん経験者派遣体制構築事業』(〜19年度)の一環です。教育委員会や学校担当者との綿密な打ち合わせ、スタッフと語りの担当者が力を合わせて原稿やスライド作成を行い、5年生の道徳の時間で「命の大切さ」を学ぶ授業に協力しました。
語りをしたのは、キャンサポの活動をもとに出版した『北海道でがんとともに生きる』(大島寿美子編、寿郎社刊)の執筆者の一人でもある田中奏実さん(29歳)=悪性胸膜中皮腫=です。5年生約70人を前にした講演で、田中さんは自らの生い立ちから、悪性胸膜中皮腫と分かった時の気持ちや静岡県での治療生活、帰道してからの生活ぶりを約20分にわたり語りました。がんサロンに参加したことをきっかけに、「『あれもない、これもない』と嘆くより『あれもある、これもある』と考え方を変えることで新しい世界が開けました」と言う田中さんの話は、子どもたちの心に響いたようで、担当の先生も「あんなに真剣な子どもたちの姿は初めて見ました」と語るほどでした。
参観した別の学校の先生は、「きょうの田中さんの話を、子どもたちは一生忘れないでしょう。私にとっても印象的なお話で、がんについてあらためて考えさせられました」と述べていました。
授業が終わった後、田中さんの回りに子供たちが自然に集まり、しばらく話し込むという光景も見られました。
来年度からは、学習指導要領に基づきがん教育が本格実施されます。キャンサポでは今回の語りの結果を分析し、来年度はさらに語り手の養成事業を充実させるとともに、派遣体制の整備を進めていきます。
がんの語り手養成事業はこちらからどうぞ。『北海道でがんとともに生きる』はamazonをはじめ書店で購入できます。

『トークの会in函館』を開催 執筆者2人が朗読

昨年5月に刊行した『北海道でがんとともに生きる』の関連行事として『トークの会in函館』を10月7日午後、函館市石川町の函館蔦屋書店で開きました。
郊外の住宅地の中に立つモダンな書店は『蔦屋書店』としては道内第一号。モダンな店内にあるイベントコーナーで開かれた会は、大型ビジョンの前にソファやテーブルを並べてお客さまと膝詰めで向き合う、親しみやすい雰囲気の中で行われました。
この日は本の執筆者から井上美智代さんと木村邦弘さんが参加。執筆当時の心境や現在の思いに続き、自分の担当部分を朗読しました。会場には約20人が訪れ、質問タイムでは「がんになった時の情報の見分け方は?」「低いがんの検診率を上げるにはどうしたらよいか」など、がん撲滅に向けた話題が出され、二人は「いろいろな情報があるが、まずは主治医とよく相談を」「町内会や家族なと身近なところから健診を呼びかけては」などと答えていました。
この模様はFacebookライブ動画で配信しました。
https://www.facebook.com/cancersupporthokkaido/videos/756268058086947/

(写真は藤堂徹也さん撮影)

「北海道がんサミット2018」に参加【報告】

さまざまな立場の関係者が一堂に会し北海道のがん対策について考える(北海道がんサミット2018」(23日・札幌市)にキャンサーサポート北海道として参加し、グループセッションで「がん教育」について出席者と意見を交わしました。
当会は、札幌市がん経験者派遣体制構築事業の一環として取り組んでいる「語り手養成講座」を紹介。同席者からは「まず現場の先生たちに、がんと教育について知ってもらうことが大切」「がん当事者が子どもに話すための研修も必要」など幅広い意見が出されました。
学校のがん教育は学習指導要領の改定で外部講師との連携が盛り込まれており、体制整備が急務となっています。キャンサーサポート北海道としても講座のノウハウやスキルを確立し、今後の展開に備えます。
(事務局長・鈴木)
https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/article/211230?rct=s_cancer

語り手養成講座・基礎編 思いを語り合う

がん体験者が発症から現在までの歩みを振り返り文章にまとめる「がんの語り手養成講座・基礎編」を2018年6月30日、札幌市市民活動プラザ星園で開きました。
札幌市の「がん経験者派遣体制構築事業」の補助事業で、今年1月に始まって以来通算6回目の開講。乳がん患者だった4人が参加し、体験のまとめ方を学んだ後、2時間ほどかけてそれそれ3000字程にまとめました。
締めくくりとして、一人ずつ自作を朗読。ごく早期に疑わしい状態を確認しながらなかなか診断がつかなかったため心が揺れたり、家族も精神的なダメージを受けたりした様子が語られ、それぞれに思いを共有していました。講座の詳細は下記からどうぞ。
https://cancersupport.jp/ganpa/