最近の投稿

【FFJCP2019】全国の仲間と交流 高橋さん、前川さんが参加

全国各地のがん患者会の交流の場「がん患者会会議」(Forum for Japan Cancer Patients:
FFJCP)に今年もキャンサーサポート北海道から会員2人が参加してきました。
一般社団法人 中外Oncology学術振興会議が2015年から東京で続けているもので、「お互いの活動を知り、活動の中で直面している問題を討議・理解・共有する」(同会議ホームページより)のが目的です。
今年は1月26、27の両日、東京・千代田区の秋葉原UDXで「患者からみた『がんゲノム医療』を考える」をテーマに開かれました。
キャンサーサポート北海道から参加した高橋慶子さん、前川純子さんにレポートを寄せてもらいました。
「キャンサーサポート北海道はBグループの一番目として、目指すミッションや1年間の変化も含め発表しました。首に巻いたオレンジ色のバンダナの意味(シンボルカラー)やしずくパッドへの質問もあり、熱心に聴いていただきました。阪神・淡路大震災や福島を中心とした東日本大震災、熊本地震などのの災害対応報告を受けたワークショップ『患者会としての災害への備えと災害時の対応』では胆振東部地震の経験を参加者に伝え、自らも考える機会となりました。」(髙橋さん)
「多くの学びと発見を得た熱い2日間でした。全国からの参加者によるポスター発表では、各団体のがん患者と家族への支援活動が紹介されました。その熱意と使命感、前向きなエネルギーと行動力に目が覚める思いでした。識者による講演では、最新の知識を得ることができて学びの喜びも感じました。貴重な体験が出来ましたことに感謝し、ご一緒した高橋さん、準備からご尽力下さったCSH事務局の皆様に厚く御礼申し上げます。」(前川さん)

  1. 札幌市立新琴似北小学校で「がん教育」を実施 札幌市立新琴似北小学校で「がん教育」を実施 はコメントを受け付けていません。
  2. 【しずくパッド】お客様の声をご紹介 【しずくパッド】お客様の声をご紹介 はコメントを受け付けていません。
  3. <マチなか×NPO>「クリスマスちょこっと市 知ってる?市民活動」に出展 <マチなか×NPO>「クリスマスちょこっと市 知ってる?市民活動」に出展 はコメントを受け付けていません。