頭と身体を同時に鍛えるエクササイズ「ふまねっと」

みなさんはふまねっと運動を知っていますか?

札幌のNPO法人地域健康づくり支援会ワンツースリーが開発した歩行運動プログラムです。ただの歩行運動プログラムではありません。頭と身体が同時に鍛えられると、日本全国、そして海外に広がっているプログラムです。

ふまねっと運動では、50センチ四方のマス目が並んだ網を踏まないように歩きます。「踏まないネット」から「ふまねっと」と名付けられました。ステップの種類と手の動きや声を組みあわせると多種多彩なエクササイズを作り出すことができます。

運動量そのものは多くはないですが、ゆっくり歩くことで歩行機能やバランス感覚が鍛えられます。このところ運動していなかったとか、病院や家にいて足腰がまだ元に戻っていない、というような方にぴったりです。そして特筆すべきなのが、頭を使うこと。思ったように身体が動かず、反対の足を出してしまったり、手拍子をどこで打つのかわからなくなったり。うまくいかないところが面白く、自分で笑ってしまいます。そしてまたやりたくなります。頭を使うので、頭がじんわり温かくなるように感じます。

こうした頭と身体を同時に使う運動はデュアルタスクと呼ばれ、認知症の予防に効果があると言われています。

La Placeではがん体験者のふまねっとインストラクターと一緒に、毎月第1木曜日にふまねっと運動を行っています。どなたでも参加していただけます。一緒に楽しみながら、頭と身体をきたえましょう!

thumb_IMG_4276_1024

予約はお電話(070-5286-2731 平日10〜16時)か「ふまねっと申込フォーム」からどうぞ。