活動を通じて人として成長する

【活動心得】キャンサーサポート北海道は新しい形のボランティア団体です。病状や状況、年齢に関わらず、活動を通じて個人として成長すること、グループの中で活動することによって個人とグループがともに成長すること、活動を通じていまこの瞬間を生きることの素晴らしさを感じ、わかち合うことを目指しています。

活動で最も大切にしているのはコミュニケーションです。互いに異なる背景や価値観を持ったメンバーひとりひとりが「自分も人も大切に」しながら活動に参加し、活動を通じて自分自身に新しい気づきをもたらすことができるよう、メンバーは以下のことを心がけています。 続きを読む 活動を通じて人として成長する

クラウドファンディング達成しました!残り2日、応援お願いします。

多くの方々の応援をいただき、クラウドファンディングが目標を達成しました!ありがとうございます。今日も応援してくださった方があり、応援者は全部で50名になりました。

募集は[1月31日午前中]で終了しますが、あと1日半、明日の夜まで支援が可能ですので、最後の応援よろしくお願いします。リターンには、出版記念パーティへのご招待もあります。ぜひ一緒に喜びをわかちあいましょう。

↓クラウドファンディングの応援はこちら
http://actnow.jp/project/gan_taikenki/detail

今日は読売新聞の取材がありました。2月にはNHKの取材を受けることになっています。

一緒に本の出版を実現し、患者の声を社会に届けましょう!

 

FFCJPでポスター発表を行いました

FFCJPで発表したポスターです。キャンサーサポート北海道の理念、活動内容、メンバーの成長とグループの成長を目指すための研修などがコンパクトにまとまっていますので、ぜひご覧ください。

Facebookでは動画も見ることができます!
https://www.facebook.com/cancersupporthokkaido/posts/1358516547553704

全国の患者団体が集う学会 FFJCPに参加

昨日からがん患者やがん体験者のためのフォーラムFFJCP2017「患者中心医療を考える」に参加し、キャンサーサポート北海道の活動について発表するとともに、全国の患者団体と交流中です。

 


1月28、29日の2日間に渡って行われている、このFFJCP2017(Forum for Japan Cancer Patients)には、がん患者会、NPO法人、社団法人など、全国の56の団体から100名にのぼる参加者が集っています。

私たちも、キャンサーサポート北海道のミッションをはじめ、日頃取り組んでいる乳がんパッドの販売促進、がんの語り手養成、そして今最も熱い体験記プロジェクトについて紹介しました。

また、私たちボランティアスタッフが定期的に行なっているコミュニケーション研修やピアサポート研修については、興味を持った他の団体からも注目が集まったようです。

多くの参加者と横のつながりができ、とても刺激的な時間でした。
患者会やNPO法人の運営と発展に、どの団体も熱意を持って取り組んでいる様子が伺えます。様々ながん種、幅広い年齢層に渡り、がんの啓発、患者のセルフヘルプとエンパワメント、そして政府への働きかけに至るまで、各地では想像以上にパワフルな活動が行われています。