人生の意味に焦点をあてたグループサイコセラピー

2017年春の緩和ケアの国際会議で創始者のBreitbart先生のワークショップに出席したメンバーを中心に、7〜8月にかけてMCPの体験グループを行いながら導入の可能性を探る研究会を開催しました。

MCP(人生の意味に焦点をあてた集団精神療法)は、8週間の教育的グループプログラムで、ニューヨークのメモリアル・スローン・ケタリング・がんセンターで開発された集団精神療法です。無作為対照試験でスピリチュアルな健康や人生の意味の感覚を向上させることが実証されたことから、がんの集団精神療法として注目されています。

研究会では、実際に参加者がどんな体験をするのかを検討しました。結論から述べると、大変魅力的なプログラムです。まだこれから検討が必要な部分がありますが、研究を続け、プログラムとして導入したいということで一致しました。

研究会として、ピアサポート研修プログラムの上級コースで体験できるようにする予定です。MCPを体験してみたい方は現在募集中の研修会(初級〜中級コース)にまずはご参加ください。

詳細はこちら

ベーシック講座・e-learning視聴方法のご案内

以下の方法で視聴できます(2017年9月5日~)

1)受講料の入金を確認後、メールでユーザ名とパスワードを送ります。(教科書を持っていない方には教科書を郵送で送ります)

2)教科書およびユーザ名とパスワードが届いたら、都合のよいときに、 e-learningのサイト(http://www.social-education.jp/)にアクセスしてください。

3) 右上のログインをクリックし、ユーザ名とパスワードを入力

4)  赤字で“ピアサポート「ベーシック」コース”をクリック

5) 1から14まで動画を順番に視聴してください。教科書およびPDF資料を必要に応じて参照してください。

6) 視聴が終わったら「受講終了」の「ビデオ視聴完了」をクリックし、「完了」を選択、右下の「テスト終了」をクリック。「すべてを送信して終了する」をクリック。

視聴に関する問い合わせはキャンサーサポート北海道ピアサポート研究会研修係までメール でお願いします。

大盛況で終わる 乳がんパッド、リンパ浮腫用弾性着衣の展示試着会と団体活動説明会・会員交流会

乳がんパッド、リンパ浮腫用弾性着衣の展示試着会と団体活動説明会・会員交流会が2017年8月2日、札幌エルプラザで開かれ、大成功をおさめました。当日は北海道新聞や読売新聞に大きく掲載されたこともあり37名もの参加がありました。実際にしずくパッドを試着して、その良さを実感していただけたので、後日多数の注文をいただきました。リンパ浮腫の相談も数件あり、今後もこのような機会を作りたいとチーム一同意を強くしました。

【日時】8/2(水)18:00~20:00
【会場】札幌エルプラザ(北8条西3)研修室5
【参加費】無料
【申込】不要
【主催】特定非営利活動法人キャンサーサポート北海道
札幌市厚別区大谷地西2−3−1
北星学園大学大島研究室
【問い合わせ】laplace@cancersupport.jp, 070-5286-2731

18〜19時 乳がんの手術後の患者支援のために開発した乳がんパッド「しずくパッド」と、テルモBSN社の協力によるリンパ浮腫用弾性着衣の展示・サンプル試着会
19〜20時 団体の活動についての説明会と、最近の活動やボランティアの状況などの報告会