北大での体験の語り

『北海道でがんとともに生きる』執筆者の時田さんが6月29日、北海道大学の授業で体験の語りを行いました。

授業は北大の「がん・生命科学から社会科学へ」という科目で大島先生の担当している「がんのサバイバーシップ」。理系から文系まで100人ほどの学生が受講しています。

授業では日本や北海道のがんの罹患や死亡の現状、サバイバーシップとは何かなどについての大島先生の講義のあとで、時田さんが自分の体験記を朗読しました。終わった後、学生からは、診断されたときの気持ち、辛かったことは何か、家族との関わり、がんと向き合う人にかけるべき言葉など幅広い質問が出され、時田さんがひとつひとつ丁寧に答えていました。

多くの学生が感銘を受けたようです。感想シートに書かれたコメントの一部を紹介します。

「人のがんを治療するというのは、決して物理的に「がんをなくす」ということではないということを改めて感じました。(中略)体験者の話を聞けたのは凄く良かったです。がんについての話を聞くだけでは感じられないものを感じることができました。」

「実際にがん患者さんの語りを聞くことによって、広い視野でがんと向き合うことができるようになると思った。」

「いままで講義でがんの治療法の発展が著しいと聞いていましたが、それだけではダメなんだとわかりました。治療を受ける側のことを本当に考えなければならないんだと強く感じました。」

「今日の講義で学んだことは、がんは身体的治療だけではなく、精神的治療が非常に重要であるということです。」

キャンサーサポート北海道では、がん体験記をまとめる「がんの語り手養成講座」を今年も開催予定です。


2017年度 会員募集・サポートのお願い

2017年度 会員種別

2017年度は会員のみなさんの希望する形で活動および団体のサポートができるよう、会員種別の名称を分かりやすく変更しました。多くの方からのサポートをお待ちしております。

下記の内容をご確認いただき、「2017年度入会申込書」をダウンロードして必要事項を記載し、FAX(011-896-7660 大島研究室宛)またはlaplace@cancersupport.jpまでメールください。
年会費のお振り込みをもって会員登録が完了します。運営に係る負担軽減のため登録者には個別に登録完了の連絡をしておりませんのでご了承ください。会員にはメールマガジンで活動内容をお知らせします。

○2017年度入会申込書PDFダウンロード
○2017年度入会申込書エクセル・ダウンロード
続きを読む 2017年度 会員募集・サポートのお願い

しずくパッド発送ボランティア募集

全国の乳がん患者さんにしずくパッドを届け、笑顔の輪を広げませんか?

乳がん患者さんのために私たちが開発し、意匠登録を取得して販売している「しずくパッド」というケア用品を梱包し、発送するボランティアです。
(しずくパッドの詳しい情報はこちら、開発の背景に関する情報はこちら)「やっと探し求めていたものに出会えました」「本当にぴったり」など全国から喜びの声をいただいています。月1回2時間から、あなたの力を誰かのために役立てませんか?

日時:木曜日午前11〜12時半
頻度:最低月1回(長く続けてくださる方を希望します)
内容:乳がん患者さんのために開発し、販売しているしずくパッドというケア用品をマニュアルに従って梱包し、発送するボランティアです。マニュアルがあるので安心して作業できます。
活動場所:北星学園大学大島研究室(札幌市厚別区大谷地西2-3-1、地下鉄東西線「大谷地駅」徒歩5分)
※北星学園大学の構内地図はこちら

看護、医学、社会福祉などの学生、がん患者・体験者の方で誰かのために役に立ちたいと思っている方大歓迎

ボランティア参加者には、自分を理解し、人と共感的な関係を作る方法を学ぶシステムセンタードアプローチなどのコミュニケーション技法について学ぶ特別研修を格安の受講料で提供しています。

問合せは laplace@cancersupport.jp まで

※発送ボランティアはキャンサーサポート北海道の会員ではなくてもOKです。その他の活動をご希望の場合、「活動会員」または「パートナー会員」に登録してください。2017年の会員種別を詳しく知る

越智基金助成事業

プロの技と乳がん体験者ならではの知恵が詰まった「しずくパッド」。インターネットでの販売を2016年にスタートし、大きな宣伝はしていないながらも、日本全国の方から申し込みをいただいております。

「しずくパッドのサンプルを大きな病院に置いてもらえれば、購入前にぴったりのサイズを見つけられるのに…」としずくチームのメンバーはいつも思っていました。2016年度 越智基金をいただくことができましたので、北海道の拠点病院などにご案内状を出し、ご希望の病院さんにしずくパッドサンプルを送ることができました。

お近くにお住いの方は、ぜひ訪ねて試着してみてください。

市立札幌病院 がん相談支援センター 札幌市中央区北11条西13丁目
北海道がんセンター相談支援センター 札幌市白石区菊水4条2丁目
北海道中央労災病院 岩見沢市4条東16丁目
深川市立病院 地域連携室 深川市6条6番
苫小牧市立病院 地域連携室 苫小牧市清水町1丁目 続きを読む 越智基金助成事業