がんの語り手養成講座第2期受講生募集

がんの語り手誕生の記事が北海道新聞に掲載され、多くの問い合わせ、申し込みをいただきました。
急遽、以下の日程で第2期の養成講座を開講することになりました。
1月の第1期からお待ちいただいている方もお待たせいたしました。

がんの語り手養成講座 第2期
4月18日(土)午後2〜5時
4月25日(土)午後2〜5時

両日参加できる方が対象です。

対象:がん患者・体験者、がん患者の家族・遺族
定員:10名(定員になりしだい締め切りますのでお早めにお申し込みください)
受講料:5000円
場所:がんサポートセンターLa Place
申し込みはLa Placeまでお電話でお申し込みください。

この講座では、診断や治療、術後の暮らし、仕事など、がんという
病いと向き合った貴重な体験を整理し、人に効果的に話す方法を学
びます。体験をまとめることは、気持ちの整理や経験への意味づけがで
き、自己の再発見にもつながります。

カリキュラム
1日目

オリエンテーション
講義:ナラティブ~体験を語ることの意味~
年表と体験の整理
語り手体験者の体験談と質疑応答
体験のまとめ方と執筆
●宿題(体験談の執筆)

2日目

講義: 聞き手に伝わる体験談の書き方・話の仕方
体験談の添削と校正
発表と講評
修了証の授与
●懇親会

 

がんの語り手の記事が道新に掲載されました

1月にLa Placeで行われたがんの語り手養成講座。1期生18名誕生の記事が道新に掲載されました(2015年2月19日朝刊)。
すでに語り手の派遣依頼が来ており、現在コーディネート中です。
語り手を送り出す体制作りをしながら、さらに多くの語り手を養成していきたいと考えています。次回の講座は9月頃になる予定です。また、今後はインターネットを活用した通信教育の講座も作っていく予定です。

がんと仕事について語ろう ナイトカフェ 2/26、3/26

か_んと仕事ちらし

がんと仕事について一緒に考えてみませんか?

治療と仕事の両立、復職のタイミング、会社や人事担当者とのコミュニケーション、使える制度や権利、顧客や同僚などの理解をどう得るかなど、がんと仕事にまつわる悩みは多種多様です。まずは気軽に情報を交換してみませんか。社会保険労務士さんや産業カウンセラーさんもまじえ、体験や知恵を分かち合いましょう。

2月26日(木)、3月26日(木)6:30pm – 8:30pm
どちらか1日だけの参加でもかまいません。

対象:がん患者・体験者
がんと仕事について関心のある方

参加費:500円(お茶代)
定員:10名(参加ご希望の方はお電話でご予約ください)
TEL  070-5286-2731(平日10:00~16:00)