北海道がん患者団体・支援団体等連絡協議会オーロラリボン

北海道のがん患者団体・支援団体は、がんの診断、治療、術後の暮らしの過程でさまざまな困難を抱えるがん患者どうしが支え合える場を作り、情報提供や相談支援を行って来ました。また、北海道のがん対策を推進していくためのさまざまな活動に取り組んできました。

このようながん患者団体・支援団体による活動の意義を多くの方に知っていただき、行政や医療機関と連携を取りながら「がんになっても安心して暮らせる社会の構築」「全てのがん患者とその家族の苦痛の軽減と療養生活の質の維持向上」(北海道がん対策推進計画)を目指して、患者団体・支援団体のネットワーク組織「北海道がん患者団体・支援団体等連絡協議会 オーロラリボン」を2014年2月14日に設立いたしました。

ネットワーク組織では、がん患者支援活動の普及啓発に関わる活動と、がん患者団体・支援団体間の情報交換・相互支援を行っています。会費などの負担はなく、まずは情報交換とそれぞれの団体の活動を病院などに知らせるための広報活動を無理のない範囲で行っています。

現在、全道の14団体が加盟し、病院などに配布してがん患者支援団体の活動を多くの方に知っていただくためのパンフレットの作成を進めています。

北海道で活動するがん患者や支援者が緩やかにつながっていきませんか。このネットワークにご参加いただけるがん患者団体・支援団体はご連絡ください。


オーロラリボンへの加入方法

  • 必要事項を記入の上、下のリンクから申込用紙をダウンロードし、郵便、FAX、メールにてご送付ください。
  • 入会に当たって、参加費などは必要ありません。
  • オーロラリボンは、がん患者・体験者とその家族の支援、ピアサポート、がんの啓発を目的として活動している団体のネットワークです。加入にあたっては、入会審査をさせていただく場合がございます。健康食品や宗教の勧誘、特定の商品の販売を主な目的としている場合は加入をお断りさせていただきます。

オーロラリボン申込書(ワードdocx形式※zip圧縮/右クリック保存)